ショートテニスはシニアに最適なスポーツ

スポーツは健康に良い! 誰でも知っています

でも続けないと 健康にはなりません

ラクすぎるのもダメ キツすぎるのもダメ

むずかしすぎると すぐにイヤになるし

かんたんすぎると すぐにあきます

ショートテニスを ご存知ですか

軽いスポンジボール 軽いラケット

初心者でも ちゃんとボールを打ち返せます

自分の体力に合わせて 無理なくプレーできます

奥深いので あきることはありません

楽しくいい汗かけます

さぁショートテニスを始めましょう!

動画は「大井町コーヒーフェステイバル@スポル品川」でのショートテニス体験教室の様子です。

<ショートテニス教室>

運動スキル向上に大切な身体のバランス、協応性、タイミング、力の発揮とその調整、リズム感などを身に付けます。

<高温化での運動>

​ヒトの体温は通常36.5~37.5°Cの範囲にありますが、短時間でも体温が過度に上昇すると(44~45°C)、酵素の不可逆的変化が起こり、生命が脅かされます。運動時には筋での熱産生と身体外部からの熱負荷の両者が身体に影響し、これらに対して、汗の蒸発による熱放散と皮膚から伝導、放射、対流による非蒸発性熱放散という手段により体外に熱を放散しています。環境温が皮膚温より高くなる条件では、汗の蒸発による熱放散が唯一の熱放散経路となるため、この環境前後では身体に対する温度の影響が大きく変化します。皮膚血流に依存した熱放射特性を有している女性や子どもは体温の維持がむずかしくなります。また、一般高齢者は発汗機能も低下しています。運動トレーニングにより熱放散反応は改善されますが、若年層に比べると子どもや高齢者では、その程度は小さいとされています。

「私の健康プラス1動画コンテスト2017」(世田谷区)で成城ショートテニスクラブ(シニア)の動画が表彰されました。

体験教室@大井町コーヒーフェス

© 2019 一般社団法人 ショートテニス ジャパン All rights reserved.