5月01日(水) | スポル品川大井町

スポル品川大井町 ショートテニス プロジェクト

ラリーやボレーで楽しく体を動かしましょう!
お申し込みの受付は終了しました。
スポル品川大井町 ショートテニス プロジェクト

日時・場所

2019年5月01日 13:15 – 14:45
スポル品川大井町, 日本、〒140-0005 東京都品川区広町2丁目1−19

イベントについて

【今回のクラス内容】

1.テーマ: ラリーやボレーで楽しく体を動かす

2.プログラム内容: 動的ストレッチ → 基本練習(ストローク、ボレー、サーブ、レシーブ) → ゲーム形式の練習 → ゲーム → 静的ストレッチ、筋力トレーニング等

3.日時:

1回目: 5月1日(水曜日)13;15 - 14:45 

2回目: 5月8日(水曜日)13:15 - 14:45

3回目: 5月15日(水曜日)13:15 - 14:45

4回目: 5月22日(水曜日)13:15 - 14:45

4.募集人数(定員): テニスコート1面に3コート設営。定員最大12名。 定員になり次第募集終了といたします。

5.参加資格: テニス歴・年齢・性別は問いません。

6.指導者: 原田昇(博士;慶應大学健康マネジメント研究科、日本スポーツ協会公認スポーツプログラマー)、他2名

7.場所: スポル品川大井町テニスコート(室内) 東京都品川区広町2丁目1-19

【ショートテニスについて】

 英国のオックスフォード大学などの研究チームは平均年齢52歳の男女80,306人を対象に運動と健康の関係を調べ、テニス等のラケットスポーツは、ランニング、サイクリング、エアロビクス、サッカー・ラグビーなどに比べて、全死亡リスクや心臓血菅疾患の死亡リスクが最とも低いスポーツであることを明らかにしました(Br. J Sports Med, 2016)。しかし、テニスでは長い時間をかけて技術を習得しなければ、ゲームやラりーで楽しく体を動かすことはできません。

 ショートテニスは、子供のテニス導入のために1970年代にスウェーデンで考案され、1980年代に英国テニス協会により普及が推進されました。国内では1980年代半ばから普及が進んでいます。ショートテニスのボールはテニスボールより軽くて弾みにくい特徴があります。このため、球速は遅く、また、ボールを打つ瞬間のラケットへの衝撃も弱く、体力レベルに応じてラリーを続けることが可能です。また、ボレーやスマッシュ等の高度な動作を容易に楽しむこともできるため、技術レベル、年齢、性別を問わず楽しく体が動かせます。

チケット詳細
価格
数量
合計
  • 第2期クラス
    ¥5,480
    ¥5,480
    0
    ¥0
合計¥0

このイベントをシェア