ショートテニス ジャパンについて

原田 昇

一般社団法人 ショートテニスジャパン代表理事

慶應義塾大学SFC研究所上席所員

博士(スポーツマネジメント学) 修士(経済学、経営学、健康マネジメント学)

健康経営エキスパートアドバイザー(東京商工会議所)

スポーツプログラマー(日本スポーツ協会)
所属学会:スポーツ産業学会  日本臨床スポーツ医学会

1954年 福岡市生まれ

1977年 慶應義塾大学経済学部卒業

1979年 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了
1982年 American Graduate School of International Management修了
1982年〜2005年 外資系金融機関に勤務
2006年 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科入学
2018年 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科博士号取得

 ショートテニスは誰でも楽しむことができるスポーツですが、健康寿命の延伸や生活の質の向上を目指すにはシニアにふさわしいプレー環境の整備が大切です。シニアの皆さんがショートテニスを通して健康的なライフスタイルを実践できるよう2012年に地域での普及活動を始め、2018年に一般社団法人ショートテニスジャパンを設立しました。医療、栄養やITの専門家の支援も得ながら活動を進めています。

© 2019 一般社団法人 ショートテニス ジャパン All rights reserved.